生産技術職 募集職種について
生産技術職

  • 生産技術職の仕事内容

    当社の強みは、紙器・化成品それぞれの一貫した生産ラインを持っていることです。

    品質最優先を唱えた大グループ創業者・大武三郎のものづくりの精神である、
    「品質は工場の生命にして包装も亦(また)品質なり 買う身になりて造れ売れ」の企業理念のもと、
    高品質な製品づくりに取り組むとともに、
    「工場の生産性」を向上させることが生産技術職の大きな役割です。

    具体的には、生産ラインの設計や新規設備の導入計画を立案して頂きます。

    モノづくりの現場において、品質や効率に最も貢献できるやりがいのある職種です。


当社の生産技術職は、機械工学や電気工学などの知識も必要になることから、理系学部出身者が活躍しています。
実際の活動では、技術的観点から設備・機材・人員配置を検討し、生産ライン全体を設計していくこと、
また工場に新しく導入する設備の選定を行い、導入計画を取りまとめて頂きます。
自らが主体的に立てた計画が、工場の生産性向上に貢献していることを実感できる、
とてもおもしろく、やりがいのある仕事であり、
皆さんのこれまでの専門知識を生かして活躍できる職種だと思います。
長年培ってきた当社の技術力を活かして、「社会に貢献したい」という熱い思いを持った方と、
ぜひ一緒に仕事をしたいと考えています。

学生時代では電気工学を専攻しており、就職にあたってはその研究内容を生かすことを考えていました。
地元徳島の企業で電気工学や機械工学を専門にした技術者になりたいと思うようになり入社しました。
当社は紙パッケージの製造とプラスチックトレイの製造を両方手掛けており、
設備も電気工学や機械工学の双方について幅広い知識を有することが求められます。
また新たな生産設備を工場に導入する際には生産効率や精度、制御といった多くの要素を比較検討し、
当社に最適な生産設備を選び抜く技量も求められます。
目標とする生産効率が実現できず、困難に直面することもたびたびありますが、
自分の手で導入した機械が動き始めた時の感動はほかの何物にも代えられません。

当面の課題は自社工場のさらなる生産効率アップのため、
IoT(もののインターネット)やAI(人工知能)の活用を推進することが求められています。
のものづくりを加速させる体制づくりに邁進していきたいと思っています。

TOP